So-net無料ブログ作成
-| 2010年01月09日 |2010年01月12日 ブログトップ

<ケアマネジャー>高齢姉妹の5200万円着服容疑 兵庫 (毎日新聞)

 認知症と寝たきりの姉妹の口座から多額の預貯金を勝手に引き出した疑いがあるとして、兵庫県明石市の「明舞中央病院」が、男性ケアマネジャー(61)を懲戒解雇にしていたことが5日、分かった。ケアマネジャーは口座から少なくとも5200万円を引き出し、土地や住宅、車の購入に充てたという。姉妹らは横領容疑などで刑事告訴を検討している。

 姉妹の代理人によると、2人は寝たきりの姉(92)と認知症の妹(86)で、明石市内で同居。自宅で介護を受けており、ケアマネジャーは02年ごろから担当していた。09年11月に民生委員に被害を訴えたことで発覚し、08年1月に550万円▽同年3月に2000万円以上▽09年2月に1450万円−−などが引き出されていた。市によると、引き出した額は計6000万円に上るという。

 病院は現金の引き出しを不適切として、先月、ケアマネジャーを懲戒解雇。県と明石市も調査を始めた。ケアマネジャーは土地を売却するなどして約3400万円を返したという。ケアマネジャーは毎日新聞の取材に対し、引き出したことを認め、「了解をとったつもりだった。借りたお金や、もらったお金もある」と説明している。【米山淳、南良靖雄】

【関連ニュース】
横領:鉄リサイクル年金基金の元課長が1000万円
伊藤ハム:子会社の元課長を告訴 1.4億円横領容疑
収賄容疑:元看守を起訴猶予処分に…名古屋地検
徳島7億円横領:組員に実刑判決 土地改良区巡り
詐欺容疑:神奈川県職員が架空発注で公金横領 刑事告訴へ

m4zxqsnaのブログ
k6hut6xfのブログ
携帯ホームページ
債務整理
競馬サイト

<茶>白衣の研究員が「日本一早い」初摘み 京都・木津川(毎日新聞)

 関西文化学術研究都市にある「福寿園CHA研究センター」(京都府木津川市)の温室で5日、茶の初摘みが行われた。年中新茶が取れる技術の研究に取り組む同センターが「日本一早い」と銘打って実施。白衣の研究員が温室育ちの茶葉を丁寧に摘み取った。

 約100平方メートルの温室で「ごこう」「やぶきた」の2品種を培養液で育てている。昨年11月から夜間蛍光灯を点灯して深い休眠に入らせないようにし、暖房で25〜30度に保ち、生育を促していた。

 同センターは「冬の日照に恵まれて順調に生育し、ミスト(細霧)も発生させて、柔らかな茶葉に育った。まろやかな味と新芽のさわやかな香りが期待できます」と太鼓判。摘んだ茶葉は、福寿園宇治工房(同府宇治市)で手もみ製茶され、同日午後、招待客に振る舞われる。【三野雅弘】

【関連ニュース】
<いざ始動>初生け式:門弟1300人、国内外から 京都・池坊
<いざ始動>書き初め:3300人が今年の思い筆に込め 東京・武道館
<いざ始動>初競り:大間産マグロに高値1630万円 東京・築地
<いざ始動>トラフグ:トラ年に! 山口・下関で初競り
<いざ始動>初売り:百貨店などで始まる 2010万円のロボット福袋も

t6l3yf7fの日記ブログ管理ツール
torrentファイルの使い方
2ショットチャット
ショッピング枠現金化
モバイル ホームページ

第2の埼玉・鳥取不審死が見過ごされる…解剖医、深刻な不足状態(産経新聞)

 埼玉県や鳥取県で連続不審死事件が相次ぐなか、事件に巻き込まれた可能性のある「変死体」の解剖を警察から任される医師の不足が深刻だ。警察が取り扱う変死事案はこの10年で1.6倍に増加しているのに、解剖医は減り続けているのだ。解剖される変死体は全体の1割程度で、態勢が強化されなければ、事件が表面化しない可能性も指摘されている。

 ■増える司法解剖、減る解剖医

 警察庁によると、平成20年に警察が取り扱った変死体は約16万1800体。このうち司法解剖された遺体は約6300件で、犯罪性はないが死因がわからないために行う行政解剖が実施された遺体を含めても約1万5700件だった。

 司法解剖のデータを取り始めた平成13年は、変死体約11万9000体に対し、司法解剖したのは約4400件で、変死数増加に比例して司法解剖数も比例して増加している。

 この一方で、日本法医学会が平成21年秋、法医学教室を持つ80大学を対象に実施したアンケート調査では、大学1校あたりの解剖医は1.84人。昭和59年当時の2.57人と比較すると25年間で約3割減。現在は全国で百数十人しかいないとみられ、解剖医の負担は重くなってきてる。

 ■遠慮している?警察

 解剖が行われる手順は、変死体発見で警察官が犯罪性を判断。犯罪性が疑われれば10年以上の捜査経験を持つ検視官(刑事調査官)が遺体の外見を見て調べ、必要があれば解剖医が司法解剖し死因を特定する。

 埼玉、鳥取の連続不審死事件では、初動捜査で病死や自殺と判断されたために解剖されず、後で犯罪に巻き込まれた疑いが浮上した。判断を誤った要因は、警察側の問題もあるが、解剖医が足りないことや、遺体の外見だけで事件性を判断する現行制度に問題があると指摘する声もある。

 ある解剖医は「警察官の頭に、解剖医は人数が少なく多忙という事情が浮かび、解剖を頼みたいのに遠慮してしまうこともあるかもしれない」と推測する。

 ■「大学から評価されない」

 大阪大学法医学教室の場合、20年前は2、3人で年間100体を解剖していたが、近年は2人で200体以上を解剖するなど負担が増している。加えて、これまでは検察官に鑑定書で説明すればよかったが、裁判員制度以降は一般も理解しやすいように出廷しての説明が必要になり、裁判所に通う回数も増えたという。

 解剖医のほとんどは大学に所属するが、解剖に追われて研究論文に費やす時間が少ない。別の解剖医は「解剖しても大学からは評価されない。研究結果を出さなければ研究費も取れなくなる」と話す。

 また、解剖医の就職先は大学の法医学教室などに限定されているが、国立大は独立行政法人化で人員のスリム化が求められている。

同教室の的場梁次教授は「このまま解剖医が減り続ければ、助かる命も助からない『無医村』と同じで、犯罪を見逃す危険が増す。解剖医の人員を2倍以上にしたりして態勢の整備が必要だ」と指摘する。

【関連記事】
婚活サイトの悩みの種 “勘違いセレブ女”増殖中
本当にうまい?結婚詐欺女“魔性のレシピ”
結婚詐欺女、全身整形狙うも“太りすぎ”で断られる
結婚詐欺女、犯行につれグレードアップ 祖母宅に“胡蝶蘭”
鳥取不審死の中に読売記者も 「子連れ女につかまった」 

e0radq99のブログ
n2suydofのブログ
クレジットカード現金化 比較
クレジットカード現金化 比較
現金化口コミ
-| 2010年01月09日 |2010年01月12日 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。