So-net無料ブログ作成

<普天間移設>複数案に否定見解 駐日米公使(毎日新聞)

 ロバート・ルーク駐日米公使は12日、国民新党の下地幹郎政調会長と党本部で会談し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先について「検討されたことがある案が出てきても一から検討することはない。報道されていない新しい案が出てきた時だけ、我々は検討する」と述べた。

 移設先候補としては沖縄・下地島など複数の案が報道されている。公使は具体的な地名に言及していないが、こうした案にも否定的な見解を示したとみられる。【朝日弘行】

【関連ニュース】
岡田外相:ハワイに到着 13日未明に米国務長官と会談
舛添前厚労相:小沢氏資金問題、通常国会で追及
平野官房長官:下地島など離島、上空から視察 基地問題で
社民・福島党首:普天間移設で米議員と会談
安保条約改定50周年:日米首脳の共同声明発表へ

晴れ時々ラフティング
お歳暮の選び方
債務整理無料相談
ショッピング枠現金化
債務整理・自己破産

通常国会、18日召集を決定(時事通信)

 政府は8日午前の閣議で、通常国会の18日召集を決定した。会期は6月16日までの150日間。景気の「二番底」が懸念される中、政府・与党は、2009年度第2次補正予算案と10年度予算案の早期成立に全力を挙げる。
 会期延長がない場合、夏の参院選は、日曜日の実施を前提とすれば、公選法の規定で「6月24日公示−7月11日投開票」となる。 

c6d87yxpのブログ
保育士のお仕事
クレジットカード現金化 即日
カードでお金
パチンコ攻略

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。