So-net無料ブログ作成

「飾り巻きずし」いかが もうすぐ節分 恵方巻き作りのついでに…(産経新聞)

 もうすぐ節分。恵方巻きを作るついでに、かわいい絵柄が楽しめる「飾り巻きずし」を親子で作るのも楽しそうだ。節分にちなんだ「鬼」柄と季節の花「梅」柄の作り方を、東京すしアカデミー(東京都新宿区)の川澄健専任講師に教えてもらった。(津川綾子)

                   ◇

 ◆工作感覚で子供と

 飾り巻きずしは、金太郎あめのように切り口が絵柄になるのが特徴。一見、普通の巻きずしより作るのが難しそうだが、「冷蔵庫にある材料で十分。手順さえつかめば子供と一緒に工作感覚で楽しめる」と川澄さん。柄によらず、作り方のパターンは(1)全形を四つ切りにしたのりで小分けのすし飯を巻き、パーツを作る(2)作ったパーツを、半切り(全形の半分)のりでまとめ太巻きに−が基本だ。

 まずは「梅」。すし飯に赤いものを混ぜて梅の色にするが、川澄さんは「梅干しをたたいてみりんでのばしたものや、桜でんぶ、たらこでも色の濃さや味はお好みで」。

 このすし飯で花びらになる細巻き5本を作る。四つ切りのりの中央に梅色のすし飯30グラムをのせ、縦に細長くのばし、巻きすで巻く。

 細巻き(花びら)を5本作ったら、半切りのりで梅の花にまとめる。のりの上に細巻き3本、芯(しん)になる山ゴボウ、細巻き2本の順で重ね、転がしながら巻く。巻きすを手のひらに乗せて持ち、細巻きを組むと巻きやすい。巻きすの端からご飯が飛び出すのを、ふきんでとんとんとたたいて押さえれば、梅模様の太巻きが完成だ。

 ◆にこやかな「鬼」

 次は「鬼」。とはいえ、笑顔がかわいい小鬼だ。すし飯にたらこを混ぜてピンク色にしたら、このすし飯でまずパーツ作りから。

 三日月形の目は、四つ切りのりで作った楕円(だえん)形の細巻き(すし飯30グラム)を縦半分に切って作る。口は、魚肉ソーセージを縦半分に切り、四つ切りのりを巻いて。鼻は「山ゴボウや野沢菜、たくあんなど何でも」(川澄さん)。

 次に、半切りのりでパーツを組んで太巻きにまとめる。「パーツのすき間を小分けのすし飯で埋め、表情を整えるのがコツ」だ。

 手順は、半切りのりの左右をそれぞれ幅3センチ空け、その間にすし飯60グラムを平たくのばす。この上にパーツを乗せていく。

 まず、目と目の間になる場所にすし飯10グラムを縦長に盛り、その両脇に目を据える。目と目の間に鼻の具材、鼻の両脇に縦長のすし飯10ずつグラム、その上に口を重ねていく。最後に30グラムのすし飯を盛り、あごの輪郭を作り、巻きすでぎゅっと巻く。ふきんで端を押さえ、巻きずしに2センチ間隔で包丁を入れると、切り口から笑顔の小鬼が登場した。皿に盛り、角型に切った卵焼きで角をつけて完成だ。

 切り口を美しく仕上げるコツは「表情が崩れないよう、どのパーツもしっかり手でご飯を押さえながらまとめておくこと。時々、巻きずしの端を見て表情をチェックして」と川澄さん。子供の遠足のキャラ弁にも使えそうだ。

【関連記事】
節分「招福巻」は普通名称 商標訴訟でイオンが逆転勝訴 大阪高裁判決
壬生狂言 絹ちりめん製の大幕を公開
ゆるキャラ「いしきりん」でPR 東大阪・石切神社の参道
野口さん、宇宙から「つぶやき」 日本文化発信へ
暴力行為増加、家庭教育に「格差」の影

亀井氏、ヤジに「うるさい」=野党反発、一時騒然−参院予算委(時事通信)
「自分に都合よく発言」平松市長、また橋下知事に反発(産経新聞)
自民・谷垣総裁、片山元総務相の公認に「慎重」(産経新聞)
代替不可能な遺伝子にも代役=iPS細胞作製法、マウスで成功−シンガポール(時事通信)
「徳之島案」否定せず=普天間、ゼロベースを重ねて強調−鳩山首相(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。